アンクルスネア

一般的に一番良く使われているであろう罠。
低レベル時代からボス相手まで、ソロでもPTでも、対MOBでも対人でも活躍。




■基本仕様

SP12で罠を設置。
効果範囲内に侵入した対象を罠の中心に引き込み移動不能にする
低レベル時や高HITの攻撃を避けられない相手や、高ATKで被弾すると痛い相手、
過度の湧きでFLEE低下を防ぐ場合等々、様々な目的に使用される。

なんか現在では1つのアンクルで複数の敵を嵌められます。範囲アンクル。
アンクルをASで飛ばすなどした場合、範囲内の全ての敵をアンクルの中心に引き込むように。
アンクルを追加してもすべての敵にかかるので、ある意味強力に。
範囲アンクルの場合、拘束時間が違う敵は別々に拘束が解除される。


罠の効果範囲は3*3セルなので、
結構テキトウに設置しても何とかなる場合がある。

こう来ても、 このように。
□□□□□ □□□□□
□□敵□□ □□□□□
□□↓□□ □□□□□
□□□□□ □□□□□
□罠□自□ □敵□自□
□□□□□ □□□□□
※↑の図だと一瞬自分と敵が隣接してしまいすので、
  攻撃を受ける場合あり。

取り敢えず4方向に設置すれば必ず掛かります。
□□□□□□□
□□□罠□□□
□□□□□□□
□罠□自□罠□
□□□□□□□
□□□罠□□□
□□□□□□□


■AS組み合わせ

アンクルは、対象を罠の中心に引き込む性能があるので
ASでノックバックさせることにより、より有効に活用。

・PT戦にて、後衛から敵を剥がす。
★にAS

-射程1の敵           -射程2の敵
□□□□□  □□□□□              敵がノックバックし
□□□★□  □□□□□  後衛にASします   アンクルに吸引
□□□罠□  □□□□□             
□□□□□→□□□□□  □□□□□□□→□□□□□□□
□□□□□  □□□敵□  □□□□□罠□  □□□□□罠□
□後敵□□  □後□□□  □後敵□□□□  □後□□□□□
□□□□□  □□□□□  □□□□□□□  □□□□□□□
b0103461_5364783.jpg

タゲが変わりやすい敵はそのまま擦って貰ったりCA→通常射撃でもOKですが、
ノンアクティブや深淵の取り巻きカリツ等の相手には有効かと。


■攻撃罠発動時の範囲アンクル活用法

複数BMを発動する場合には、敵は1セルに全て纏める必要があります。
この場合、攻撃射程1の敵は放っとけば自キャラに隣接してくれるのですが、
敵の攻撃射程が2等の場合は、敵は1セル空けて攻撃してくるので射程1の敵と混ざって
いる場合、全ての敵が1セルにまとまってくれません(古城のハゲなど)。

そこで範囲アンクルスネアを使用すると、アンクルに拘束した敵は全てアンクルの
効果範囲3*3セルの中心セルにノックバックさせる効果により、敵を纏める事が可能です。

まず普段通り敵を纏めます。(SSではFTしてあります)
黄色のセルにBMを設置してDBMを狙う場合、赤色のセルに敵が纏まっていないと
全ての敵がBMに当たってくれません。SSでは射程2のハゲが1セル右で凍ってしまってます。
b0103461_18385750.jpg

そこで緑のセルにアンクルを設置し、ASでアンクルを赤色のセルに来るように飛ばすと
アンクル効果範囲内(薄緑のセル)の敵は全て赤色のセルにノックバックし拘束されます。
b0103461_1849690.jpg

あとはBM設置してASでぶつけるだけ。


■攻撃罠設置時に敵多数で被弾が激しい場合に使用する範囲アンクル

例えば亀地上で爆破をする場合、パーメッターを除く敵の属性がそれぞれ
闇2(風75%)、風2(風0%)、地2(風25%)なので、BMの場合はFTを挟まなければ
なりません。(CTでもいいけどCT1確にするには8体近く必要)

FTBMコンボをするには、敵を纏める→FT設置・当てる→BM設置・発動 とするのですが、
敵の数が多い場合、全ての敵にFTを当てる=全ての敵が張り付く→被弾しまくり
な恐れが出てきます。そんな時は範囲アンクルで敵を剥がしつつ拘束しつつ纏めるという、
一粒で3度おいしい(強すぎだろう常識的に考えて)方法が有効です。
この方法は普通のFTBM等と比べてSPを最低54は多く使うことになります。

ショートトレインで敵を纏めた後に、自分が避けられるギリギリの敵に張り付かれたら、
SSのようにアンクルを飛ばして敵を引き離します
引き離せる位置なら他の位置にアンクルを設置してもOKです。
b0103461_13245175.jpg

先に張り付いてきた敵はアンクルによって引きはがされ、拘束されるのでFLEEが確保できます。
残りの敵が近づいてきたら再度同じ位置にアンクルを設置し、同じように飛ばせば残りの敵も
最初に引き離した敵の位置に拘束でき、かつ最初の敵のアンクルを更新できます。
b0103461_13291037.jpg

あとは敵の周囲1セルに近寄らないようにしてFTを設置したり、そのままCTを
発動させてもOKです。拘束は解除されません。
b0103461_13302979.jpg

凍らせたらあとは適当な位置にBMを設置してDBMでもTBMでも。
b0103461_13311698.jpg

[PR]

  by betel_radisal | 2006-05-23 17:34 | 特殊罠

<< スキッドトラップ【SK】 フリージングトラップ【FT】 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE