<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2010/07/11 微更新

b0103461_1494051.png

ステ振り直したら素LUK92のはずが連打しすぎて94になった……_| ̄|○

■2010年7月の更新
ブラストマイン6【BM】 - 1セルに纏めない複数同時発動
アローシャワー【AS】


以下の記事等は、
ほぼ全て 2010年7月のリニューアルパッチ以前の仕様の物です。
現在は、仕様が変更されています。
アテにしないほうがいいです。

◆動画
【RO】AGI罠師とDEX支援プリによるスナイパー先行の城2Fペア
【RO】AGI罠師とDEX支援プリによるスナイパー先行の城2Fペア2
【RO】AGI罠師とDEX支援ハイプリによるダークロードペア撃破



◆メイン記事
ブラストマイン1【BM】 - スキル性能説明
ブラストマイン2【BM】 - 敵の纏め方
ブラストマイン3【BM】 - 複数同時発動
ブラストマイン4【BM】 - 状態異常罠併用
ブラストマイン5【BM】 - MB発動
ブラストマイン6【BM】 - 1セルに纏めない複数同時発動


-当ブログについて-

◆管理人
Betel=Radisal
Heimdalサーバ在住のレンジャーです。

◆ブログ内容
罠はアンクルサンドだけじゃない!当ブログの内容はA>D>>I型スナイパーによる
ハンタースキル、罠についてのマニュアルです
罠の考察というより、罠の基本の使い方指南みたいな。
初めて罠を使う人にもわかりやすく書いたつもりです。
意見要望、間違い指摘や文句等の突っ込み歓迎です。
WEB拍手あたりに書いてください。

管理人は対人戦(Pv,Gv)には興味無いので対モンスター専門です。


◆罠について
ハンタースキルには鷹系列のスキルの他、罠系のスキルも豊富に持っています。
様々な種類があり、対象に状態異常を掛けたり、攻撃系の罠等があります。
一般的にはあまり使う人が少なく、正直DS連打やザントマンだけでもどうにかなる、
という場面の方が多いかもしれません。しかし、例えば巻き込み倍加を持つ攻撃罠は
状況(対象の属性や数)に依って使う場面が限られたりしますが、Wizの大魔法や
スナイパーのシャープシューティングを上回る攻撃力を叩き出します。
10体以上の対象を一瞬で殲滅したり、消費SP10だけで10kダメージを叩き出したり
といったことも可能です。
状態異常罠を組み合わせ、対象を氷結→追撃→氷結、といった罠コンボ等も可能です。

攻撃罠の威力はINTとDEXに依存します。
しかし、特化ステにしなくとも十分使っていけるのが罠スキルの良いところのひとつ。
ステがINT-DEXじゃないと弱い、使えないといったことはありません。
DEXでも攻撃力が上がりますので、例えば2極(DEX-AGI)ステの人でも、FLEEがあり、
巻き込みによる攻撃力倍加を狙えるので、十分な攻撃力を得られます。
INTのあるなしは、攻撃力の大小よりもSP回復力の方が重要です

使いこなして行くには練習して慣れていく必要があります。
対象の纏め方や、纏めた位置に対応した罠の設置場所の記憶etc.
慣れないうちは死んでしまったり、DS連射の方が安定したりするでしょう。

しかし上手く使えるとDS連射より遙かにSP効率が良かったり、殲滅速度も速くなります。
何より格好いい。これ重要。

なんか最近になって罠狩りが流行っているみたいですね。スレでも頻繁に見るし。


◆そのた
リンクはご自由にどうぞ。

Copyright(c)2006~ Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
Copyright(c)2006~ GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
[PR]

  by betel_radisal | 2010-07-11 15:57 | その他

ブラストマイン6【BM】 - 1セルに纏めない複数同時発動

攻撃射程が違う敵が居てもOK。
 

More
[PR]

  by betel_radisal | 2010-07-11 15:56 | 攻撃罠

アローシャワー【AS】

仕様変更により、スキルレベルを上げるとダメージがより上がるようになり、
Lv6以上になると、攻撃範囲も指定セルを中心に3x3セルから5x5セルに拡大。
SP消費は変わらず15、地面指定スキル。
モーションがASPDに係無く一定(ASPD150?)になります。

More
[PR]

  by betel_radisal | 2010-07-10 22:52 | その他スキル

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE